ペンはカッターで削ります

私の得意はカッターで鉛筆を押さえることです。いつか、お父さんが一心に鉛筆を得意げにカッターで削っていましたが単独は電動の鉛筆削りを使っていました。大人になり鉛筆を取り扱うことがなくなりましたが眉毛を描くアイブロペンを使うようになると、カッターで削ったほうが描きやすいし長持ちするのでカッターを使うようになりました。そうして三男が小学校に伺うようになり初めは自分の鉛筆けずりを使っていたのですが面白がって無駄に鉛筆を押さえ付けるので自分の鉛筆削りをとりあげて毎年せっせと身がカッターで削った鉛筆を学院にとって行かせるようになりました。三男も高学年になり無駄に鉛筆を削ったりあげる世代もないので自分の鉛筆削りを使ったら?という、勧めてみましたが「夫人がカッターで削ってくれたほうが書きやすい」との事業。三男は筆圧が硬いので芯を削りすぎると書きづらいようです。それで私も相変わらず頼まれるという朝からせっせ、せっせと、カッターで三男の鉛筆を止めるのですがカッターで控える鉛筆なんて学院内側さがしても何者自分いないようで、肩書きを書き忘れた鉛筆も本当に三男のところに戻ってきます。医者や同士がみつけてくれても削り方をみて三男のものだと気づいてもらえるようです。三男から見ると今の身は、滅多に父さんのように得意げに鉛筆を削っているのでしょうね。身長を伸ばす方法