トラック内に見極める人となり企画

必死に煮え滾る神経を仲間沈めていらっしゃる人間。
黙々と睡魔って戦って生じる人間。
どんどん、重圧しっぱなしで何かに慄いて残る人間。
そば、混み合っていらっしゃる地下鉄内では三者三様の独特イメージが掛かる。
徐々に地下鉄は設置に流れ着き、スライド出入り口が開く。
型を降り、始終入れ替わるように乗り込んで表れる人波とすれ違う。
平和に由無し問に花を咲かせるママ学生たち、刺々しい体裁で早足で車両に吸い込まれて覗くOL。肩を落としてヨタついているおじさんのOL。
色とりどり、バラエティの独特イメージがそこには来る。
ターミナルナカだけではない。帰路もそんな客人といったすれ違う。
皆が皆、肩を落としているのは、相性に疲れているからだろうか。
世代は?職業は?住居は?ダディーは?
様々な想念が脳裏を染みる内、常にぼくって向き合い、やりきれなく陥るたびに身は、すれ違う独特他に関しまして瞬間だけ力をよぎらせる。
往年も、今も、これからも。
やつに囲まれて、生きてゆく。http://xn—-e8tzba4rq58phyzbpx9aemza.com/

エスコートしてあげようか

今日は起きるなり、「あと15取り分後にお出かけだけど、飛行場に2人で行って来たら?」とおばあちゃんからの無茶苦茶。

長男の喜びっぷりに、産後1か月経ってないかぁちゃん頑張ることに。

習い事に出掛ける祖先に大阪国際空港へ送ってもらい、飛行場中をデート?

祖先と訪れ慣れた長男は、3年になったばかりなのに「マミー、手段つなぐよー」ってこちらを誘引。
「航空機飛ぶのが言えるところにいく?どこから行けばいいのかな?」と話をするこちらに、「マミー、ここ。階級登ってー。ますますあっちにあるくの。」って道案内。
こちらが告知板を見分ける徐々に、手段をひき「後者、ここ行ってー。右手のー。エレベーター乗ずるの。」って。
内面とっても遠回りじゃないのかな?って思いつつ(笑)迷うことなく、視野デッキへ。少し離着陸を見た後は、「後者ここ行こう。お店舗におもちゃ居残るの。」って。
どうも、家財道具店舗のキッズスペースの趣旨のみたい。しかし、まったく開始期間さっきであった結果、「依然お店舗空いてないわ。どうする?」と聞くと、「コスト持ってる?おまんじゅう買いに行こう」ってもう手段をひかれ、お気に入りのまんじゅう屋へ。まっしぐら(笑)

ショップでみたらし団子を買い、モノレールの当てはまる休憩ゆとりまでこちらが案内しモノレールを見ながら、ちょっぴり休憩。

平らげると、長男「ここ行こう」ってもうこちらをエスコートし、エスカレーターをのぼり、家財道具店舗へ。そして、キッズスペースに到来。
祖先との待ち合わせ時間まで、力一杯長男はレクリエーション、かぁきちんとのデートを楽しんでいた。

長男の土勘に脱帽したかぁちゃんでした。www.seapalace.jp